オペラで地方を活性化!歌声を届け続ける有名オペラ歌手

オペラの楽しさを知ってほしい!

豊かな声量と伸びやかなソプラノを生かして、関東を中心に演奏活動しながら、音楽教室で声楽の指導に当たる有名なオペラ歌手がいるんですよね。出身県にも頻繁に帰郷し、歌声を届け続けているんですよ。「オペラの楽しさを、地方の人たちにもっと知ってほしい」との思いが活動のエネルギー源なんですね。4歳からピアノを始めましたが、出身県を出るまでは本格的に歌を習ったことはなかったんですよね。声楽を志したのは、世界的なカウンターテナーとの出会いからなんですよ。

歌のほうが向いている!?

世界的なカウンターテナーとは学校は違うけれど同級生だったんですよ。高校時代、音楽コンクールで知ったんですよね。当時から存在感があり、尊敬している人で、音楽を志す仲間として仲良くなったんですね。高校を卒業後、声楽家の伴奏者を目指し短大のピアノ科へ進学したんですが、当時、同じ系列の大学で声楽を専攻していた世界的なカウンターテナーから「歌のほうが向いている」と言われ、一念発起して声楽に転向したんですよ。

オペラで故郷を活性化したい!

短大を卒業後、同大学音楽部声楽科へ編入し、オペラ歌手の道へ異例の転身をしたんですよ。オペラの魅力を体感した有名人は、本番で相手役を思いっきり殴ってしまうほど役にのめり込むようになったんですよね。有名になったオペラ歌手は、本公演を出身県で開くのを目標としているんですね。「オペラは人間味があって面白いものだと伝えたい」と言いますね。「地方出身の声楽家が、故郷で活躍する場を増やし、オペラで地方を活性化できたらいいですね」と有名なオペラ歌手は、ほほ笑むんですよ。

山本英俊はパチンコ機器卸メーカーで有名なフィールズ株式会社の代表取締役会長です。その他手広く事業を展開しています。馬主としても有名です。