うつ病かなと思ったらまずはゆっくり休息をとりましょう

うつ病は性格ではなく病気です

うつな気分になるのとうつ病は違います。前者はちょっと落ち込んだようなケースで特にそれによって日常生活に支障をきたしているわけではないはずです。もちろんその落ち込みが長引いて日常生活に支障をきたすようになれば話は別ですが、そうでないならその時の感情なだけです。それに対してうつ病はうつの状態がずっと続き、日常生活に支障をきたした状態のことです。これは脳内のセロトニンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質が減ったことが原因。つまり治療で治せるのです。

精神科の敷居が高いなら

うつ病の治療というと精神科をイメージする方が多いかもしれません。もちろん精神科でもいいですが、精神科というと統合失調症や隔離病棟など、あまりよくないイメージを抱かれて、何となく入りづらい方が多いようなのです。そんな方におすすめが心療内科です。最近ではストレスを抱え込んで心身に問題をきたす方が増えているので、街中にも心療内科のクリニックが増えています。気になる方は一度受診されることをおすすめします。

薬漬けに去れることはありません

うつ病で病院に通うと薬漬けにされるのではないかと心配される方がいます。確かにうつ病の症状によっては薬を使用することもありますが、それと薬漬けとは話が違います。うつ病は脳内の神経伝達物質のバランスが崩れたことが原因で起こる症状です。従って投薬治療によってそのバランスを整えてあげる必要があるケースも多いのです。もちろん軽度であれば休息をとるなどすることで症状が快方に向かうこともありますが、多くの場合は薬を必要とするのです。ただ、注意が医師に言われた通りに飲むことです。もう治ったからという自己判断で途中でやめると再発する恐れがあります。医師のオーケーがでるまで飲み続けることです。

ストレス社会の中、自分はうつなのではないかと思う人は少なくないでしょう。うつの診断は病院ではもちろん、インターネットでも手軽に行うことができます。