知らない人も多い!仮性包茎にも実はメリットがある?

仮性包茎は刺激に慣れていない

仮性包茎は、基本的には通常時は包皮に覆われていることが多いです。そのため、亀頭部分が外部の刺激に晒されづらいです。下着はもちろんですけど、小便をするときなど、手が直接触れない限りは、刺激になることがほとんどありません。すると、刺激を与えたときに新鮮な感じがするのと感度が上がるというメリットがあるのです。これは常時、亀頭が露出してしまっていると起こりづらいことなので、男性としてはメリットとして感じる人もいるのではないでしょうか?

仮性包茎は亀頭が傷つきづらい

仮性包茎は包皮に覆われている分、不潔ということも言えますが、それは全く洗っていない場合です。仮性包茎も洗おうと思えば洗えるわけですから、清潔に保つことは可能です。そして、常時包皮が覆っている分、亀頭を守る役割も果たしていて、それによって亀頭そのものが汚れづらかったり、傷つきづらかったりします。だから、仮性包茎は亀頭のバリア機能を果たしているとも言えますから、これはメリットと言えるのではないでしょうか?

仮性包茎の日本人は非常に多い

完全に亀頭が露出している人の割合は、日本人の場合はかなり少ないです。真性包茎も少ないですが、仮性包茎の割合が実は1番多いのです。仮性包茎の中にも、程度の差はありますが、大きく分けてしまうと、だいたい6割くらいは仮性包茎と言われているため、割合としては1番多いのです。つまり、肩身の狭い思いをする必要はありません。割合から言えば、仮性包茎が普通ということも言えますから。1番割合が多いのだから、自信を持つというのも変かもしれませんが、仲間が多いのは安心感になるのではないでしょうか?

包茎は幼児のころから気を付けていれば、たいてい防げると言われています。入浴時などに皮を少しづつ皮を剥いていき、くせをつけることが大切です。