うつ病の症状に早く気づく事が治療への近道

うつ病の症状には二つある

うつ病の症状には「精神t的」と「身体的」な事の二つがあります。人によって表れ方が違うので見落としてしまったりすることがあるので体に何か異変を感じたら早めの受診が必要です。うつ病はそのままにしておくと一生後悔する事もあるのです。特にうつ病になりやすい人は責任感が強かったり、神経質な人の方がなりやすい傾向にあります。多くは朝方に気分が優れないが、夕方になると平気になるといった事もあるので見逃しやすいのかもしれません。

精神的な症状の出方と治療法

精神的な症状でも3つに分かれていて感情・意欲・思考になります。この感情は一番分かりやすいかもしれませんね。いきなり悲しくなったり、不安になったりと気分に波が出てきます。意欲は何をするにも力が入らなくてやる気が起こらないなど無気力な状態が続きます。思考は集中力や決断力、判断力の低下が上げられます。時には妄想などしてマイナス思考になり妄想した事に関して悩んだりしてしまいます。このように全体的に負の考えが頭をよぎってる状態が続いてしまうのです。治療法としては薬の投与やゆっくり休むことが大切になってきます。

身体的に影響が出た場合は

身体的に影響が出た時の症状は睡眠障害や疲労感が表れます。うつ病というのは精神的なものだけだと勘違いする事も多いですが、体にも影響があるのです。食欲不振や耳鳴りまでもある場合があります。このように何も異常がないのに体が調子が悪く調べても何も出てこないのならうつ病を疑う事もるのです。うつ病の診断は目では見えないものばかりなので診断が難しいですが、身体的に異常が表れた場合は精神的に表れた時の同様に、薬と休養で様子をまずはみて経過観察をします。

うつ病の症状というと、落ち込んでやる気が無くなるといった症状や訳も無く悲しくなるといった精神的な不具合がよく言われていますが、だるさや頭痛、めまい、痛みなど身体にも現れることがあります。